個人年金保険

ゆとりある老後のために。欲しい!老後保障

年金保険とは、ゆとりある老後のために公的年金の上乗せ部分として将来の生活資金を準備するための保険です。

取扱商品

こちらのページでは商品の概要を説明しています。詳細については「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり/約款」を必ずご覧ください。

■無選択特則付 個人年金保険(5年ごと利差配当付)豊かな老後のための資金準備をお手伝いします。

詳しいご相談をご希望の方は、ぜひご来店ください。

保険無料相談予約

年金保険とは?

誰に必要な保険?

ゆとりある老後を送りたい方に必要となる保険です。

ゆとりある老後生活を送るためにご自身で老後資金を準備することが必要です。

保障内容は?

※保障内容は保険商品によって異なります。

一定期間、毎月(年)年金を受取る事が出来ます。

設定した受給開始年齢から、年金を毎月一定期間受取る事が可能です。月々の保険料(積立金額)からプランをお選びいただけるもの、お受け取り金額から プランをお選びいただけるものがあります。

配当を受取る事も出来ます。

商品によっては一定期間ごとに配当を受取る事も可能です。(契約者配当金は経済情勢などによってはゼロになる場合があります)

年金の種類もらえる金額
国民年金(自営業者、学生、主婦など)最高で年額約78万円 ※夫婦とも満額なら約160万円
厚生年金(会社員など)年額150~250万円の人が多い
共済年金(公務員、教員など)年額160~270万円の人が多い

老後の大きな支えは、国からの「公的年金」と会社からの「退職金・企業年金」。これらで不足する分を、預貯金や生命保険で補います。いくら用意するかは、生活にかかるお金によって一人ひとり異なりますが、(公財)生命保険文化センターの調べでは、夫婦二人でゆとりを持って生活する場合、平均で月額36.6万円(年額439.2万円)必要と考えられています。

出典:公益財団法人生命保険文化センター